【なんで?】心筋梗塞後でも「がん保険」に入れる!?:FPコラム

三大疾病の1つ、心臓疾患。急性心筋梗塞などの心臓疾患は、死に至る可能性もあるほどの重大疾患です。

そんななかで、以前、お客様から以下のようなご質問を受けたことがあります。

心筋梗塞で手術をした経験がある。今でも定期的に医師の診察を受けている。「がん保険」に加入することはできませんよね?

生命保険は原則として健康でないと加入することができません。まして心筋梗塞などの重大疾患を経験された方にとって、新たな生命保険に加入することは、難しいのが現状です。現に、死亡保障、医療保険等に加入することは困難です。

 

しかし、

がん保険ならば加入することができます(※死亡保障なしのタイプ)。引受条件緩和型とかではなく、通常の「がん保険」に加入することが可能です。

 

なぜだと思いますか?この同じ質問を看護師のお客様にしたら、すぐに当てましたよ。

 

さすがプロだと思いました。

心臓疾患に罹患した方が、生命保険や医療保険に加入できないのに、「がん保険」にだけは加入できるのはなぜか?

 

答えは…

 

 

 

諦めていた方も見直しをお勧めします!by佐々木


お見舞い

 

「心臓は”がん”にならないから。」

です。

 

そうなんです。心臓はがんにならないんです。「心臓がん」って存在しないんです。

だから心臓疾患の持病がある方が「がん保険」に加入しても、保険会社にとっては、既往症による保険金支払いリスクはないのです。だから「がん保険」には加入できるんですね。

 

でもなぜ他の臓器はがんになるのに、心臓だけががんにならないのでしょう?その理由は、諸説ありますが、はっきりしたことはまだ解明できていないようです。人間の体って不思議ですね。

 

もし、心臓疾患の持病がある方で、「がん保険」のニーズがあるのもかかわらず、「どうせ入れないだろう」と諦めていた場合には、ちょっと考えなおしてみてくださいね。

 

 

株式会社ロムルス 佐々木昭人
実際のお客様との対話のなかで頻出される生命保険に関する質問や問題点などを掲載し、豊富な経験に裏付けられたプロとしての回答や消費者目線での「知りたい情報」を満載させています。

 

ホームページ:http://www.romluss.com
ブログ:http://ameblo.jp/aki-rom/
保険見積:http://webby.aflac.co.jp/romluss/

この記事をシェアしよう!
 

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

ドコマドニュースの最新記事をお届け!