FPコラム:あなたの保険料は年収の何%ですか?保険料の目安

先日、保険の見直し相談を受けた新規のお客様から以下のようなご質問がありました。

保険料の目安は収入のどのくらいの割合ですか?」

世帯収入に占める保険料負担割合についてのご質問です。

このお客様(奥様)は、ご主人とお子様3人の5人家族。ご主人は会社員で奥様は専業主婦です。ご主人の年収は約600万円。この収入に対して支払っている保険料は年間約84万円。保険料負担率は14%となります。

 

世帯年収の◯◯%がベスト!by佐々木氏


年収に対する保険料の割合

 

■相談者情報まとめ

・世帯年収約600万円
・奥さんは専業主婦で、子供が3人
・保険料は約84万円
⇒保険料負担割合は、世帯年収の14%程度

 

将来の積立目的の保険もあるのですが、将来にお金が貯まっても保険は支払っている間はコストです。やはりこの保険料負担率14%は高すぎると指摘しました。それで冒頭のご質問に対する回答ですが、

私は、「5%」程度でよいと思います。

※住居に20〜25%、食費15〜20%を目安に見ると、5%程度が適正と考えます。
※また、日本全体の平均保険料も5%程度となっております。

このお客様の場合は年収600万円なので、600万円×5%=30万円

年間30万円(月々25,000円)程度で世帯全体の保障を考えたらよいと思います。

 

この保険料で必要な保障は十分に作ることが可能ですので。収入に対する保険料の負担割合、目安は、「5%」1つの目安としてご参考になれば幸いです。

株式会社ロムルス 佐々木昭人
実際のお客様との対話のなかで頻出される生命保険に関する質問や問題点などを掲載し、豊富な経験に裏付けられたプロとしての回答や消費者目線での「知りたい情報」を満載させています。

 

ホームページ:http://www.romluss.com
ブログ:http://ameblo.jp/aki-rom/
保険見積:http://webby.aflac.co.jp/romluss/

この記事をシェアしよう!
 

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

ドコマドニュースの最新記事をお届け!