FPコラム:学資保険のメリット・デメリット

今回は、学資保険について取り上げてみたいと思います。

学資保険はお客様からの問い合わせも多く、関心が高い商品の一つです。

先日も、お客様からご質問をいただきました。

お客様A:佐々木さん、銀行預金も学資保険も、

子供の教育費を積み立てることでは目的は同じだと思いますが、

何が違うのですか?

 

教育費は、どう積み立てる?預金?学資保険?


どう積み立てますか?

 

 

このご質問は、「学資保険は貯蓄目的なので他の運用手段でも代替できるのでは。」という意味も含んでいます。まさにその通りです。銀行預金、投資信託など代替できるものは他の金融商品で多数存在します。

一般的な遺族の生活保障目的の生命保険は、少ない掛け金で世帯主が死亡した際の、世帯主の労働力によってその先稼ぐであろう収入を保障するもので、これを代替できる金融商品はないといっていいでしょう。

しかし学資保険をはじめととする積み立て型の保険は他の金融商品でも代替は可能だと思います。そのことを前提としてもなお「学資保険の加入メリットはやはりある」というのが私の見解です。

以下に学資保険のメリットとデメリットをまとめてみます。

 

学資保険のメリット・デメリット


メリット・デメリット

※メリットとデメリットを良く検討することが重要

 

ちなみに学資保険の概要は次のようなものです。

(例)

月掛け金:1万円 払込期間:18年 払込総額:216万円 18年後の満期金:230万円

この満期金を大学受験や入学金等に充当します。

 

【メリット】

  1. 固定型の商品でリスクが少ないこと。
  2. 払込期間中に契約者(一般には世帯主)が死亡した場合には、その後の保険料の払い込みは免除され所定の満期金(この場合には230万円)を受け取れること。
  3. 満期には払い込み保険料を上回る満期金を受け取れること。

 

【デメリット】

  1. 満期前に解約した場合(期間によります)、元本が割れてしまうこと。
  2. 契約者の健康状態によっては加入できない場合があること。

メリット2の「保険料免除」の機能が学資保険の最大のメリットと言ってよいでしょう。

 

※取り扱い保険会社によっては満期金が払い込み保険料を下回ってしまう、つまり元本割れする場合があります。また、終身保険等で学資保険の機能を代替できる保険商品も存在します。

 

詳しくは各保険会社または保険代理店にお問い合わせください。

このようなメリット・デメリットを考慮して、他の積立方法と比べて判断してくださいね。

ご参考になれば幸いです。

 

 

株式会社ロムルス 佐々木昭人
実際のお客様との対話のなかで頻出される生命保険に関する質問や問題点などを掲載し、豊富な経験に裏付けられたプロとしての回答や消費者目線での「知りたい情報」を満載させています。

 

ホームページ:http://www.romluss.com
ブログ:http://ameblo.jp/aki-rom/
保険見積:http://webby.aflac.co.jp/romluss/

この記事をシェアしよう!
 

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

ドコマドニュースの最新記事をお届け!