医療保険の「終身型」「定期型」、どちらを選べばお得なの?

医療保険には、保険期間が一定期間で終わる定期型と、一生涯続く終身型の2種類がありますが、みなさんはそれらの違いを把握されていたでしょうか。

いずれのタイプとも、必要としている層が異なり、メリット・デメリットはライフスタイルによって大きく変わります。これらの保険についてどのような違いがあるのか、この機会に比較してみましょう。

定期型の保険とは?


オリジナル保険
出典:https://www.pakutaso.com/

定期型と終身型の保険タイプは「保障が一生続くか否か」の違いがあります。

定期型は3年や5年、長いものでは10年以上の保障もありますが、とにかく期間を定めて限定的な保障を得たい人におすすめの保険です。たとえば、収入が安定しない間や子どもが小さい間など、医療費で家計を圧迫したくない期間などを想定して、保険に加入する人にはお勧めです。

また、保障期間内に保険の見直しもしやすいので、家族等にさまざまな変化があるとき、その変化に応じて保険を見直したい人に向いている商品と言えます。ただし、定期型の保険は60歳以上は入れないなど、年齢制限が設けられていることは留意しておきましょう。

終身型の保険とは?


保険見直しの背景
出典:https://www.pakutaso.com/

終身型の保険は、一生分の保障を得たい人が選ぶ保険です。長い人生、いつどんな怪我や病気をするかわからないという人に、一度の契約で終身の医療費に備えたいという場合、終身型の医療保険が向いています。

終身型は定期型と違って保険の見直しがしにくいのがデメリットとしてあります。しかし、今後のライフスタイル等を十分に考慮して契約しておけば、見直しそのものが必要ないとも言えるでしょう。

保険料の違いを十分認識しよう


三大疾病保険
出典:https://www.pakutaso.com/

定期型と終身型では、保障期間が異なることもあり、保険料も異なります。定期型の保険料は、契約時の年齢で決まり、保障期間が短い分、終身型よりも保険料が安く設定されています。

30歳の男性が入院給付日額5,000円で保険に加入した場合、定期型であれば月額970円(10年定期の場合)なのに対し、終身型の場合は月額1,600円程度の金額になります。ただし、長期間医療保険に加入し続けるなら、若いうちに終身型に入った方が、基礎となる保険料が安くなるので、保険料の高低はあまり気にならないかもしれません。

なお、終身型の保険料は定期型の保険料とは違い、保険料は一生変わりません。定期型と比較すると保険料は割高になりますが、長い目で見ると、定期型よりも安くなることはメリットと考えていいでしょう。

解約返戻金の有無も確認しておこう


がん保険出典:https://www.pakutaso.com/

定期型はいわゆる「掛け捨て」の保険ですから、契約期間が満了になっても、一切契約者にお金が返ってくることはありません。一方、終身型の保険は、貯蓄を兼ねたタイプもあり、保険を解約した際に掛金のいくらかが戻ってくる「解約返戻金」がある場合もあります。

貯蓄をする分、月々の保険料が高くなるわけですが、保険を貯金の一環としてとらえたいという場合には、終身型の保険に加入することもメリットと考えていいでしょう。

 

保険を決めるのは、やはりその人、その家族のライフスタイルを考慮する必要があります。医療保険は若いうちだけ、老後の医療費は保険に頼らずとも別途貯蓄するというのであれば、定期型の保険で十分です。

逆に、年齢にかかわらず、病気になった時の保障を得たい人には、終身型の保険がベストであろうと言えます。

黄昏要人
岡山県在住の39歳。日本実務開発協会認定コーチと東洋文化学院認定心理カウンセラーの資格を活かし、主にボランティアでのカウンセリング活動に関わっています。メンタルヘルスに関すること、コミュニケーションに関すること、IT関連について、みなさんに「そうなのか!」と思っていただける記事を提供してまいりたく思います。
この記事をシェアしよう!
 

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

ドコマドニュースの最新記事をお届け!