FPコラム:生命保険のリビングニーズ特約とは?

リビングニーズ特約については、今では定着しつつあり、ご存じの方も多いと思います。

生命保険の機能として非常に重要なものの1つですので、改めて解説してみたいと思います。

リビングニーズ特約って何?


リビングニーズ特約とは
画像:リビングニーズ特約ってなんだ?

リビングニーズ特約とは、被保険者が病気等で医師から余命6カ月以内と判断された場合に、死亡保険金のうち一定金額が支払われる制度です
※契約している死亡保険金の範囲で最大3,000万円まで。

つまり、死亡保険金の前払い制度といえます。

例えば、がんに罹患し、必死の治療と闘病も報われず、医師から余命6か月とされたとします。

受け取ったリビングニーズの保険金で、最後に家族で長期間の旅行にいってもいいし、最先端の治療を受けるための治療費として使ってもいいし、家族に残してあげたいモノなどを自分の意思で家族に買ってあげてもいいし、諸々の整理資金として使ってもいいし、どのように使っても自由です。
また、受け取ったあとで、病気が治ってしまって、死亡しなくても、受け取ったリビングニーズ保険金は返金する必要はありません。

がんで余命6カ月と診断され、このリビングニーズを使って、家族で海外旅行に行った後、がんが消えてしまったという事例も実際にあります。
世の中には科学で証明できないような不思議な現象が起こることもありますね。

リビングニーズ特約は人間の尊厳を守る「魔法の特約」


リビングニーズ特約2
画像:リビングニーズ特約はなんと無料

人間は、古今東西、寿命は長かったり短かかったり個人差はあるものの、1人の例外もなく必ず死を迎えます。

その死を迎えるにあたって、人間としての尊厳を最後まで保ちたいということは、誰もが持つ共通の思いではないでしょうか。
このリビングニーズは、その人間の尊厳を最後まで保つための「魔法の特約」といっても過言ではないと思います。

そして、この特約は無料です。

ほとんどの保険会社で取り扱いのある特約です。契約後もあとから付加することもできます。
もし現在の保険証券をチェックして、リビングニーズ特約が付加されていない場合は、保険会社の担当者または代理店に連絡して、付けてもらうようにしてくださいね。

 

当社のお客様はご安心してください。
リビングニーズ特約が付加できる全契約、全お客様、すべて例外なく付加させていただいていますので。

生命保険でできることってたくさんあるんですよ。

ご参考にしてください。

 

FPコラム:先進医療特約は付けるべきか?(前回記事)
>>>http://news.hoken.dokomado.jp/article/4990

株式会社ロムルス 佐々木昭人
実際のお客様との対話のなかで頻出される生命保険に関する質問や問題点などを掲載し、豊富な経験に裏付けられたプロとしての回答や消費者目線での「知りたい情報」を満載させています。

 

ホームページ:http://www.romluss.com
ブログ:http://ameblo.jp/aki-rom/
保険見積:http://webby.aflac.co.jp/romluss/

この記事をシェアしよう!
 

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

ドコマドニュースの最新記事をお届け!