【徹底分析】今年の出来はいかに?ボジョレーヌーボーが解禁!

今年もこの季節がやってきました。ワイン好きと流行りもの好きが騒ぎ出す、ボジョレーヌーボーの解禁です。

今年のボジョレーヌーボーの出来はどうなのでしょうか。過去の出来を踏まえて、今年の出来を徹底的に分析します。

ボジョレーヌーボーの解禁日っていつなの?


ボジョレーヌーボー 出典:http://www.ashinari.com/

何となくニュースで解禁を知ったり、店頭に並んだことで解禁されていることに気づく人も多いんじゃないでしょうか。
ボジョレーヌーボーの解禁日はしっかりと決まっていて、毎年11月の第3木曜日に解禁されます。

なので、今年は2015年11月19日(木)が解禁日です!

ぜひ解禁日当日に購入して、フェイスブックやtwitterなので写真をアップし、ドヤ顔してみましょう。

2015年のボジョレーヌーボーの出来は?


ボジョレーヌーボー出来 出典:http://www.ashinari.com/

ボジョレーヌーボーの話題でやはり気になるのは、その年の出来栄えです。毎年出来栄えを表す様々な文言が、テレビなどでも踊りますよね。

さて、今年の出来栄えはどんなものでしょうか。

ボジョレー界の帝王、ジョルジュ・デュブッフ氏いわく「50年にわたる我が人生最良のヌーボー」と評しているとのこと。
これは期待できるんじゃないでしょうか!

過去のボジョレーヌーボーの出来から予想する2015ボジョレー


ヌーボーランキング 出典:http://www.morguefile.com/

毎年メディアを踊るキャッチコピーですが、結局何年のものが一番いいのか分かりづらいですよね。
なので今回は過去10年のボジョレーヌーボーを、キャッチコピーから出来栄え順に並び替えてみました。軽いIQテストのようです。

SSランク
 2015年「今世紀で最高の出来」
 2014年「2009年の50年に一度のできを超える味わい」

Sランク
 2009年 「過去50年でも素晴らしい出来」
 2010年 「1950年以降最高の出来といわれた2009年と同等の出来」
 2011年「近年の当たり年である2009年に匹敵する出来」

Aランク
 2005年「ここ数年で最高」
 2006年「昨年同様良い出来栄え」

Bランク
 2007年「柔らかく果実味が豊かで上質な味わい」
 2008年「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」
 2013年「みずみずしさが感じられる素晴らしい品質」

Cランク
 2012年「ボジョレー史上最悪の不作」

 ※筆者の私見により並び替えたものです。

スマホゲームの、リセマラ当たり表のようになってしまいました。中々インフレが激しい業界の様です。
ひとまず今年はかなり出来が良いようですので、買ってみて損はないのではないでしょうか。ただし、これらのキャッチコピーは売る側が付けたものですので、鵜呑みにしてしまうのもどうかとは思いますので、信じるかどうかは皆様の判断にお任せします。

ボジョレーヌーボーの美味しい飲み方は?


美味しいボジョレーヌーボーの楽しみ方 出典:https://www.pakutaso.com/

ボジョレーヌーボーの美味しい飲み方は、冷蔵庫で1時間ほど冷やし温度が10~12℃ぐらいだといわれています。一般的なワインとは違い、寝かしておいても味が良くなるということは、あまりないそうですので年内に飲んでしまった方が良いでしょう。

また、ボジョレーヌーボーに合う食べ物は、魚や鳥・エビやイカなどさっぱりとしたものです。赤ワインというよりも、白ワインに合うような料理と一緒に楽しみましょう。

 

いかがでしたでしょうか。

ボジョレーヌーボーはお値段もお手頃ですし、気軽に楽しめるワインです。
しかし、1000円を切るような激安ボジョレーは、あまり味の評判も良くないそうです。無理をして高いものに手を出す必要はありませんが、しっかりとボジョレーヌーボーを楽しみたいのなら、3000円前後のものから試してみることをお勧めします。

ドコマドニュース 編集部
ドコマド保険ニュースでは、ご寄稿いただける方を随時募集しています。公式Facebookページ、公式Twitter宛にお気軽にお問合せくださいませ。
この記事をシェアしよう!
 

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

ドコマドニュースの最新記事をお届け!