【泣けなきゃ鬼】タイの生命保険CMが感動すると話題【傑作5選まとめ+おまけ】

タイに対して皆さんはどんなイメージをお持ちですか?
タイ料理?ムエタイ?それとも豪華な仏教寺院でしょうか。

実はタイには「CM先進国」という一面があるのです。国際的な賞をいくつも受賞しているといいます。

そんな中、タイの生命保険会社のCM感動な作品ぞろいということですので、今回その一部をご紹介いたします。

タイ生命保険「得られるもの」



参照元:https://www.youtube.com/watch?v=EJqhYZPXB14

青年は困っている人を見捨てられない性格で、道行く人に手を差し伸べます。見返りの無い彼の行動に街の人たちは、呆れた視線を送ります。そんな彼ですが、かけがえのないものを得ていたです。

支払った保険料は、どこかで困った人のために使われている。そんな保険が持つ相互扶助の精神が、しっかりと表現されたCMですね。

タイ生命保険「パーフェクトな人生」



参照元:https://www.youtube.com/watch?v=BVudAu8M_rA

元ピアニストの女性は体が不自由になってしまい、ピアノが弾けなくなってしまった。片方の手だけでピアノを弾こうと、長年頑張っているがやはり若い頃の様には弾けない。
しかし、そんな彼女に転機が訪れます。

これからの人生、何が起こるか分かりません。そんなリスクを回避し「パーフェクトな人生」を守ってくれる。それが保険なのかもしれません。

タイ生命保険「チウおじさん」



参照元:https://www.youtube.com/watch?v=II-BDkUn6yA

86歳にもなるおじいさんは、毎日20kmも歩き山を登り、楽器を演奏しに行きます。そんな生活を30年も続けています。約束を守るために。

このCMは、いつまでも大切な方へ尽くし続けるという、保険会社の決意の表れなのかもしれません。また、自分の大切な人に何ができるのだろうと、考えさせられる内容でもあります。

タイ生命保険「Forget me not」



参照元:https://www.youtube.com/watch?v=iI3H_ZY4HDY

認知症の妻を介護する夫の物語。

「僕は忘れない」というタイトル通り、老いても変わることが無い夫婦愛に胸が打たれます。老老介護の問題が叫ばれる昨今、円満な老後の生活を行うために、今から準備が必要ですね。
でも一番必要なものは愛すべき家族なのかもしれません。

タイ生命保険「親子の絆」



参照元:https://www.youtube.com/watch?v=VFre8uJQdBM

耳が不自由な父親とその娘の物語。多感な歳になり娘は「普通の父」であったら良かったと、ふさぎ込むようになってしまいます。

目に見えるものだけが絆ではないという、強いメッセージのCMですね。

おまけ:日本のテレビ番組でも紹介されたタイの傑作感動CM「支払済みの医療費」



参照元:https://www.youtube.com/watch?v=oSVYQVYXn_E

最後にこちらは保険会社のCMではないですが、日本のテレビ番組でも紹介された、有名なタイの通信会社のCMをご紹介します。
こちらも、保険の精神に通じるものがあるのではないでしょうか。

 

いかがでしたか?

大事な人のために何かをしてみましょう。その選択肢の1つが保険なのかもしれません。
こういったいい話が、これからのライフプランを考えるきっかけになればなと思います。

ドコマドニュース 編集部
ドコマド保険ニュースでは、ご寄稿いただける方を随時募集しています。公式Facebookページ、公式Twitter宛にお気軽にお問合せくださいませ。
この記事をシェアしよう!
 

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

ドコマドニュースの最新記事をお届け!