あなたが「保険の見直し」をすべき、6つの理由まとめ

保険の見直しは、皆さんの想像以上に頻繁に行われています。

2014年度で約2,000万件の新規契約がありました。
その殆ど(80〜90%)が「見直し」と言われています。

※新規契約件数(見直しも含む)で、1,899万件で、約66兆円
http://www.seiho.or.jp/data/statistics/trend/pdf/all.pdf

なぜ、これだけの件数が毎年見直しされているのでしょうか?

まず、保険の加入目的と保険見直しの背景から


保険見直しの背景
出典:https://www.pakutaso.com/

保険は、基本的に下記の目的で加入するものです。

  • お金が無いとピンチな時の備え
  • お金を貯めたい / 増やしたい
  • 税金の控除をうまく受けたい

当たり前の願望と言っても良いレベルだと思います。
その為、国民の約90%の世帯が加入しているものが「保険」なのです。

※2015年度で、世帯加入率が89.2%
http://www.j-cast.com/2015/10/03246670.html

保険大好きな日本人が、毎年のように大量に見直す=非常に大きなマーケットです。

その為、世の中の動きや、お客様の要望に合わせて、保険会社が様々な新商品を開発し、保険代理店が保険の有効活用を日々考え提案しているのです。
そういった状況が、保険の見直しに拍車を掛けるわけですね。

保険の見直しをすべき人の、6つの条件まとめ


保険見直しをする理由
出典:https://www.pakutaso.com/

では、見直しについてです。

下記に該当する項目がある場合は、保険の見直しをファイナンシャルプランナー にお願いすることをお勧めします。

□ 3年以上保険の見直しをしていない
□ 自分の加入している保険の内容を覚えていない
□ 資産運用に興味があるが、何をすべきか分からない
□ 節約したい。お金を増やしたい
□ 親が高齢になってきたので、色々心配だ
□ 自分自身の老後の生活を想像出来ない

それぞれ、説明させていただきます。

保険は定期的なメンテ(見直し)が大切!


保険はメンテが必要
出典:http://www.ac-illust.com/

□ 3年以上保険の見直しをしていない

保険には「トレンド」があります。「◯◯生命会社の、◯◯って商品がお得だ!」「◯◯の運用実績が評判で売り時」といったように、プランナーの間で噂が広まるのです。
例えば、医療保険、がん保険などの病気や入院に対する保険については、医療の発達によって内容が変わってきています(一泊二日の入院で保険金が貰える等)。新商品のチェックは欠かせません。

また、被保険者(みなさん)の、生活スタイルが変わった場合も見直しをすべきです。具体的には、収入と支出の変化を切っ掛けに見直します。

これらの理由から総合的に考え「見直しの適正期間は2〜3年に一度」であると言われています。
3年以上見直しをしていない方は、見直しの予約を入れましょう。

 

□ 自分の加入している保険の内容を覚えていない

こちらも、上記同様です。良い保険を見過ごしている可能性があります。
また、生活に変化があった場合、加入中の保険で足りているか、不要な部分があるかといった判断をしなければなりませんが、それが行えない状態にあります。
最近では、地震や台風などの自然災害も増えていますので、損害保険についても、相談すると良いです。

保険は、入っていれば安心というものではないです。「過不足無く入っている事が大切」なのです。
保険相談をすると、現在加入中の保険がどんなものなのかを、分かり易く説明してもらえます。

資産運用、貯金節約も保険見直しで実現!


保険で資産運用
出典:http://free-photos.gatag.net/

□ 資産運用に興味があるが、何をすべきか分からない

一番身近にある資産運用の方法が「保険」です。返戻率が比較的高い終身保険など加入すれば、死亡時の保障と貯蓄性の両立も可能です。
よりアグレッシブに運用を考える場合は、変動型の商品や外貨建ての商品も検討すると良いです。これらも、死亡時等の保障を受けつつ運用可能な商品です。

「資産運用をしたい!」という方は、どんな商品があるのか、ファイナンシャルプランナーに聞いてみてください。
※金利や為替によって受け取る金額が減る場合もあるので、ご注意ください。

 

□ 節約したい。お金を増やしたい

保険料は、毎月決まった金額が引き落とされますので、半強制的に貯められる貯金の様な側面があります。また、家計を見直す際に、固定費(金額が決まっている支出)を下げる事が、効率的な節約に繋がります。

つまり、保険料を少しでも下げられれば、年間で大きな違いが出るのです。お得な商品が出ていないか、プランナーに気軽に相談してみましょう。

「老後の対策」は、今保険見直ししないとまずい!?


老後対策に保険
出典:http://free-photos.gatag.net/

□ 自分自身の老後の生活を想像出来ない

「ライフプランニング」をした方が良いです。あなたの人生で「これからどれだけお金が掛かるのか?」を、シミュレーションしてくれます。
筆者の体験談ですが、人生で2度破産するタイミングがありました。保険以前に、生活の見直しが必要です…。どの程度貯金しなければいけないかを確認しつつ、必要最低限の保障を付けておく。という事をする必要があります。

保険相談をすると、ほぼ100%でライフプランニングをしてくれますので、老後が心配な方でも、そうで無い方も一度相談されると良いです。※無料で相談にのってくれます。

 

□ 親が高齢になってきたので、色々心配だ

介護や相続、何について備えればいいのかが分からない。といった方が多いと思います。「相談する相手がいない」ので、とても悩ましく、考える事を止めてしまいがちです。

そんな時こそ、ファイナンシャルプランナーに相談をしましょう。

経験豊富なファイナンシャルプランナーは、人生の様々なシーンにおいて必要な知識を持っています。
また、相続税の控除や、必要な保障などの知識も持ちあわせていますので、金銭的なメリットを得られる提案を受けられるケースもあります。
非常にナイーブな問題ではありますが、包み隠さず相談される事をお勧めします。

保険代理店は、コンビニの倍ある!?


保険代理店の数
出典:http://www.ac-illust.com/

「ファイナンシャルプランナーに相談」と書きましたが、保険代理店は日本に20万社以上あります。
これは、日本国内のコンビニエンスストア(マイナーブランド含め)の倍以上にあたります。

保険代理店実在数(損保) 20万4,990店 ※2014年度末
https://www.sonpo.or.jp/news/release/2015/1507_01.html

 

どこに相談するべきか、迷われた方は、保険相談の口コミサイト『ドコマド保険』にアクセスして下さい。
今なら、オススメの代理店の紹介キャンペーンをやっていますので、下記からお申し込みしてみてくださいね♪

【ドコマド保険】ドコマドで保険相談すると、Amazonギフト券をプレゼント!
https://hoken.dokomado.jp/merit?cm4si=ed66656dfe2a

 

ドコマド保険キャンペーン

 

Mook
Mook(ムック)
ドコマド保険ニュース。略して「ドコニュー」のライターです。
保険の話題を中心に、色々な記事を投稿していきます。
この記事をシェアしよう!
 

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

ドコマドニュースの最新記事をお届け!