「子育て世帯臨時特例給付金」と「学資保険」で教育資金を確保しよう

平成26年4月に消費税が8%にあがり、今後10%にあがることも予定されているわけですが、他にも所得税があがったり、厚生年金保険料も多く徴収されるようになります。

そんな状況下で、子育て世帯の負担軽減を目的として設けられた子育て世帯臨時特例給付金について、この機会にぜひご紹介したいと思います。

子育て世帯臨時特例給付金がもらえる人


子育て世帯臨時特例給付金
出典:http://www.photo-ac.com/

子育て世帯臨時特例給付金は、平成27年5月31日時点で生まれている中学校3年生以下の児童・生徒のうち、平成27年6月分の児童手当支給対象児童に支給されます。

支給される金額は、児童・生徒1名につき3,000円となっています。実は、平成26年度も子育て世帯臨時特例給付金は支給されたのですが、その際は児童・生徒1名につき10,000円となっていました。今回は国の財源がなかったこともあり、児童・生徒1人あたりの給付金支給額もかなり減少した形となっています。

なお、支給される方法は口座振込が主となっていて、原則、現金給付は受け付けない仕組みとなっています。

子育て世帯臨時特例給付金がもらえない人


児童手当
出典:http://www.photo-ac.com/

子育て世帯臨時特例給付金がもらえない場合もあります。たとえば、児童手当が支給されない方には、当然子育て世帯臨時特例給付金も支給されません。

児童手当は所得制限があり、所得制限を超える場合には「特例給付」として、現在でも児童・生徒1人あたり5,000円が支給されています。しかし、特例給付はあくまで特例であり、児童手当の対象ではないと解釈されるので、子育て世帯臨時特例給付金は支給されません。

そもそも所得は昨年度の収入に応じて決定されるものなので、児童手当が特例給付に切り替わったり、その逆もあり得ます。独自の判断で子育て世帯臨時特例給付金がもらえないと考えるのは早計ですので、きちんと確認されることをお勧めします。

子育て世帯臨時特例給付金の申請をするには


申請
出典:http://www.photo-ac.com/

子育て世帯臨時特例給付金は、平成27年5月31日現在で在住していて、平成27年6月分の児童手当を支給してくれる地区町村が申請先になります。

ただし、公務員の場合は勤めている官公庁から児童手当をもらっているので、官公庁から申請書類をもらい、住んでいる市区町村に自分で申請をしなくてはなりません。

申請は、児童手当で毎年提出が義務付けられている「現況届」と兼ねて申請できる場合が多くなっています。現況届を出すことで子育て世帯臨時特例給付金の申請を一緒に行えるようになっています。

もちろん、各市区町村で申請の方法は異なりますので、気になる場合は住んでいる市区町村の児童手当担当課に確認をしましょう。

子育て世帯臨時特例給付金以外にもお金がもらえる?


学資保険
出典:http://www.photo-ac.com/

子育て世帯に活用してほしいのは、学資保険「お祝い金」です。学資保険は、ゆうちょ銀行や民間保険会社でも取り扱っている商品ですが、10歳、15歳、18歳など、お金が必要となる年齢の時期に合わせて給付金が出る仕組みもあります。

これから学資保険に加入される方はもちろん、今すでに学資保険に加入している方にもぜひ確認していただきたい部分です。病気やけがの備えと一緒に、子どもの教育に必要なお金を貯められるのが学資保険ですから、活用するメリットは大いに有ります。

 

今後、物価の上昇なども加わり、子育て世帯の負担はより多くなることが予測されます。

給付金はあくまでも一時の恩恵にすぎませんので、これを機会に代理店などで保険相談や学資保険への加入検討を行い、子どもの教育に必要なお金を蓄えておくことも考えておきましょう。


関連記事:
「ドコマド保険ニュース」
>>親世代の義務!子どもの未来のための「学資保険」のメリットとは?
( http://news.hoken.dokomado.jp/article/1527 )

>>よく似ている「学資保険」と「子ども保険」結局どちらを選ぶべき?
( http://news.hoken.dokomado.jp/article/2863 )

>>知らなきゃ損!!子どもの保険を選ぶ前に知っておくべき3つ公的保障
( http://news.hoken.dokomado.jp/article/1397 )

大橋さぼてん
大阪在住のフリーライター。興味・関心があるのは、歴史、食、健康。現在は、健康関連の記事を中心に執筆活動中。
この記事をシェアしよう!
 

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

ドコマドニュースの最新記事をお届け!