孫のハートを掴め!!最近流行り の「お盆玉」の相場っていくら?

ここ数年ショッピングモールやスーパーなどで「お年玉袋」のような「お盆玉袋」と印刷されたポチ袋を見かけたことは無いでしょうか?
最近急に知名度を上げているお盆玉という習慣ですが、意外にも歴史は古くもともとは江戸時代に山形県で行われていた風習なのだそうです。

せっかく孫にお小遣いを渡すのであれば、少しでも喜んでもらえるように可愛いポチ袋に入れたほうがよりアピールができるのではないでしょうか。それでは今回は、このお盆玉相場や、お小遣いを活用した相続税対策についてご紹介していきます。

「お盆玉」って何?相場はいくら位?


お盆玉
出典:https://www.pakutaso.com/

お盆の時期、これまでも親戚一同が集まり、子どもたちにお小遣いをあげるような家庭もあったことでしょう。最近では、このお小遣いを「お盆玉」として、渡すところが増えてきているそうです。このお盆の集まりであげる、お小遣いの相場はというと、お年玉よりも少し少ないぐらいが相場だそうです。そして、近年のお年玉の相場は小学生低学年は5000円未満、小学生高学年、中学生は10000円未満となっているので、このお年玉の相場を超えない程度で問題ないでしょう。

お小遣いにも贈与税がかかるって知ってた?


贈与税
出典:http://www.photo-ac.com/

何かと行事の際にあげる機会も多いお小遣いですが、金額次第では贈与税が課せられる場合もあります。なお基礎控除額を1万円でも超えてしまうと、税務署に申告し、贈与税を納める必要があります。この贈与税の申告をしないと、贈与税と一緒に、無申告加算税という税金が別途課せられる場合もあるので、注意が必要です。

ただ、贈与税の基礎控除額は110万円となっているので、このお小遣いの額が年間で110万円以内なら、課税されないのです。お小遣い程度なら、この控除額を超えることはあまり考えられないので、そこまで心配する必要もないですね。

また、このお小遣いも場合によっては、贈与税がかからないこともあります。それは夫婦、親子、兄弟の間で行われた生活費、教育費などの仕送りです。この仕送りは、非課税となっているのですが、受け取った生活費や教育費を名目以外の使い方をしていると、贈与税が課せられる場合もあるそうなので注意が必要ですね。

生命保険の加入で相続税対策をしよう!


生命保険
出典:http://www.photo-ac.com/

お小遣いと生命保険で相続税対策?と思う方は多いのではないでしょうか。
実は普段何気なくあげているお小遣いですが、分類としては生前贈与に含まれているんです。

前述したとおり、お小遣いは一年間で110万円を超えると贈与税が発生します
また、自分の死後、子どもたちに財産を相続させる場合には、相続税が発生することになりますが、年間110万円を超えない範囲で生前贈与したお小遣いを生命保険(終身保険)の保険料として利用し、被保険者を親として、契約者、保険金の受取人を子どもに設定しておくと、被保険者の死亡時に支払われる保険金に相続税がかからないので、子どもにとっては大きな節税になりますね。

しかしながらこの保険金には所得税が発生するので、贈与税や相続税の税率によっては節税にならない場合もあるのでご注意ください。
なお、税率の計算は様々な要因が絡んでまいりますので、個人ではなかなか難しいものです。困った際には保険プランナーへ相談されたほうがより確実ですね。

 

いかがでしたでしょうか。お盆の時期に子どもがもらったお小遣いを貯金するだけではなく、子どもの将来のために資産として活用することも一つの選択肢として考えてみてはどうでしょうか。
今回ご説明したのは、生命保険の加入を利用した相続税対策ですが、自分の子どもにお小遣いという形で渡し、それを保険料として支払うことになるので、子どもの負担にもなりませんので、将来へのプレゼントとして一度考えてみてはいかがでしょうか。

大橋さぼてん
大阪在住のフリーライター。興味・関心があるのは、歴史、食、健康。現在は、健康関連の記事を中心に執筆活動中。
この記事をシェアしよう!
 

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

ドコマドニュースの最新記事をお届け!