私の医療保険高すぎ!?必要な保障〜保険見直しのポイント

あなたは入院時に備えて、医療保険に加入していますか。この医療保険の保険料は、各々必要な保障によって、異なってくると思います。しかしながら、医療保険に加入していないと、入院時などに負担する費用が、高額になってくる可能性もあるのです。
そのような状況にならないように、保険料が高くても、必要な保障を選ぶようにしましょう。そこで今回は医療保険について、ご説明していきます。

医療保険の仕組みとは?


医療保障のしくみ
出典:https://www.pakutaso.com/

医療保険というのは、入院給付金手術給付金セットになっており、それにプラスして、各種特約を付けられるようになっています。この各種特約とは、一般的に入院時の保障を補うためのものであり、三大疾病、通院、女性医療などの特定の病気になったときのために備えておくものです。この各種特約が必要かどうかは、ご自身の貯蓄と相談してみてください。今までの貯蓄で医療費を自己負担できるのなら、特約を付ける必要はないと考えます。

医療保険は公的保険の保障を補うためにあり!


医療費の自己負担額
出典:https://www.pakutaso.com/

医療費の自己負担は、意外と小額であると言われています。なぜかというと、公的な保障である程度負担が軽減されるからです。そのため医療保険に加入する目的とは、公的保険だけでは足りない保障を補うためであるといえます。ここでいう公的保険というのは、健康保険、国民健康保険です。

これらは医療費の自己負担額を3割にしたり、高額療養費制度を利用することができます。この高額医療費制度は、医療費が一定以上超えた場合に、今まで支払った医療費が戻ってくる制度です。ただし、所得によって給付基準も異なってくるので、その点は注意が必要です。

また、医療保険は会社員や自営業、個人事業主など、働き方によって、必要となる保障が異なってきます。入院することで、収入が減ることになる自営業と個人事業主の場合は、その収入の減額分を補う医療保険を選択する必要がありますね。

入院費は1日2万円を超える!保障は足りてる?


入院費は高い
出典:https://www.pakutaso.com/

入院することになると、1日あたりで平均2万円弱という金額を自己負担しなければならないのです。入院が長引くことになってしまうと、金銭的にも負担になってきますよね。そこで家計の負担を減らすために、医療保険が必要となってきます。

前述した高額医療費制度を利用するにしても、この制度の対象外になるものがあります。それは主に差額ベッド代先進医療費です。差額ベッド代とは、病室を借りる際にかかってくるものですね。個室の病室だと払わないといけないイメージがありますが、4人部屋などでも払わないといけない場合があります。これは高額医療費制度では一切補助が出ません。無料部屋もあるそうですが、必ず入室できる保証はないですよね。念のために、差額ベッド代のことも、考えておく必要があります。

また、先進医療費は高額になりますが、これも高額医療費制度の補助が出ません。先進医療とは厚生労働省が定めた、特定の治療法や手術などのことを示します。どういったものが先進医療の対象になるかは、法改正により変わることがありますので、厚生労働省のホームページ(http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/sensiniryo/kikan03.html)をご覧ください。

その他、入院中の食事代や、ご家族がお見舞いや衣類の洗濯などをするために病院へ行くための交通費など、細かい費用がも発生することも忘れてはいけませんね。

医療保険に加入する際に注意しておきたいのは、当然保障のことです。1日の入院費日数手術給付金保障期間などに注意したいですね。高額医療費制度を利用した上で掛かる費用を、大まかに算出して、必要な保障を決めましょう。特に老後における病気のリスクも考慮して、三大疾病などの保障がある保険を選ぶと良いでしょう。

三大疾病に備えた保険の選び方は、こちらもご参照ください。

⇒三大疾病に備えよ!「がん保険」は終身と定期、どちらにすべきか?(http://news.hoken.dokomado.jp/article/1192)

 

いかがでしたでしょうか。意外ところで高額となってくる可能性のある入院費ですが、その家計への負担を減らすためにも、医療保険の加入を検討しておきましょう。そこで必要となってくる保障は、それぞれの収入や貯蓄によって、異なってきます。そして、入院費に関しては、病室を大部屋ではなく、個室にするなど、入院時の環境を良くしようとすると考えるのなら、その負担額も増えていくことに注意が必要でしょう。

大橋さぼてん
大阪在住のフリーライター。興味・関心があるのは、歴史、食、健康。現在は、健康関連の記事を中心に執筆活動中。
この記事をシェアしよう!
 

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

ドコマドニュースの最新記事をお届け!