保険は財産分与対象?離婚した際の保険料・保険金で注意すべきこと

離婚する際には、色々な問題が発生します。色んな問題によって、あまり印象が無いかもしれないですが、保険料の支払いでも問題が発生します。自分が払うのか、相手が払うのか。そして、貯蓄性のある保険に加入していた場合は、その保険金の受け取りをどうするのか、という問題が出てきます。また、掛け捨てタイプの保険は?

この離婚時の保険料保険金などの問題について、これからご説明していきます。

離婚の際の保険料支払い義務は契約者にあり!


離婚時の保険
出典:https://www.pakutaso.com/

保険料を支払うのは、原則として、契約者となっています。一般的な家庭では、契約者と被保険者を夫が兼ねているところが多いでしょう。そして、生命保険などは妻がその保険金の受取人に設定されている家庭も多いだろうと考えられます。

この夫婦のケースでは、離婚をしても契約者の名義を変更しない限り、夫が離婚後も保険料の支払いを続けていく必要があります。しかしながら、その保険金の受取人は元妻となっていますよね。それだと困る場合には、離婚時に保険金の受取人を変更を忘れないようにしなければいけません。また、子どもがいる場合には、受取人を子どもに変更する対応をしても、問題ないでしょう。

保険は資産になるの?保険の財産分与のポイントについて


保険は資産?
出典:https://www.pakutaso.com/

それでは生命保険の財産分与について、考えてみましょう。ここで注目したいのは、生命保険が資産であるかどうか、なのです。夫婦のどちらか一方が、加入している保険が掛け捨てタイプである定期保険などの場合は、貯蓄性のない保険なので、財産分与の対象になることはないでしょう。

しかしながら、終身保険や養老保険の場合は、貯蓄性のある保険なので、夫婦の資産として見られる可能性が高いです。したがって、財産分与をする必要性が出てきます。ただし、そのまま保険の保障を二つに分けることができないので、保険を解約することで発生する解約返戻金を分与することが多いみたいですね。

また、医療保険の場合は、財産分与の対象にはならないでしょう。被保険者が保険金の受取人になっているので、夫婦の資産と見られることはありません。

離婚時には保険の見直しをしよう!


離婚時の保険見直し
出典:https://www.pakutaso.com/

前述のとおり離婚時には、保険金の受取人や名義人などの変更を行っておくべきでしょう。保険の財産分与において、トラブルを起こさないためにも、話し合う場を設ける必要があります。そのまま保険の問題を放置していると、自分が支払い続けていた保険の保険金を、自分では受け取ることができずに、離婚した配偶者が受け取ってしまうことになるのです。その点に注意しておきたいですね。

また、結婚時とは必要な保障も変わってくるので、離婚を機に保険の見直しを行う必要があります。保険はご家庭のライフプランに応じて選ばれていますよね。離婚された場合、将来のライフイベントにも変化が生じてきます。さらに、日々必要になってくる生活費も変わってきます。保険見直しを行って今後の生活に沿った保険を選び直しましょう。

保険の選び方については、こちらの記事もおすすめです。

⇒「30代の独身世帯が入っておくべき「保険」とは?」(http://news.hoken.dokomado.jp/article/1148

 

いかがでしたでしょうか。保険というのは、財産分与の対象になることもありますし、そして、保険金の額も大きいことですから、トラブルになりやすいのです。また、自分自身が保険の名義人の場合は、保険を解約しない限り、保険料の支払いをしなければなりません。離婚の際にはもちろんですが、ご自身がどういった保険に加入していて、毎月いくらお支払されているのか、しっかりと把握しておくようにしましょう。

大橋さぼてん
大阪在住のフリーライター。興味・関心があるのは、歴史、食、健康。現在は、健康関連の記事を中心に執筆活動中。
この記事をシェアしよう!
 

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

ドコマドニュースの最新記事をお届け!