まだ若いは通用しない!30代の独身世帯が入っておくべき「保険」とは?

30代の独身の方は、なかなか保険に入るチャンスがないまま無保険の状態を続けることになりがちです。また、加入していた保険を「家族もいないから」と解約するような場合もあるかもしれません。
貯蓄はそれなりにできているはずなので、お葬式代などの死亡保障はなくても構いませんが、医療保障だけは確保しておくようすることをお勧めします。

なぜ30代の独身で「医療保障」を必要とするか


独身の医療保障
出典:http://www.photo-ac.com/

最近の厚生労働省の調査などを見ると、30歳を過ぎた頃から病気になる人が増えています。
厚生労働省の患者調査等のデータをみると、30代で初めてなんらかの病気になったり、病巣が見つかったと言う人が結構います。実際、30代が発症しやすい疾病としては、糖尿病、心臓病、帝王切開、乳がん、子宮筋腫、脳こうそくなど、さまざまな疾病が目白押しです。
これらの疾病に対して、経済的な担保をしておくことは、周りに迷惑をかけないようにする意味でも、独身の方には前もって備えておいてほしいと思います。

独身の方は病気、ケガに備えられる保険を確保しておく


独身の保険選び
出典:http://www.photo-ac.com/

30代の独身の方は、前述のとおり、なかなか保険に入るチャンスがないまま無保険の状態を続けることになりがちです。
まず、保険に加入する際には、医療費が貯蓄だけではまかなえないかもしれないことを考え、終身保障タイプで、入院日額1万円程度の保険に加入しておくのが良いでしょう。
また、働き盛りの30代はケガや交通事故に巻き込まれる場合も想定して、ケガでの入院を考慮に入れておくべきです。そのため入院日額1万円程度の保険に加入しておくことで、仕事の休業補償的な部分も含めて、十分な金銭を得られるようにしておくことも考慮しておいた方がいいでしょう。

独身に死亡保障は必要?不必要?


独身の死亡保障
出典:http://www.photo-ac.com/

シングルの場合、死亡保障はそれほど必要ないと思われるかもしれません。
しかし、将来守るべき家族ができることだってあり得ます。その時には、自分が40代になっていて、ますます疾病のリスクを抱えていることもあるでしょう。その時に保険に加入しようとしても、疾病の状況によっては加入できない場合だってあり得ます。
ですから、比較的元気な30代のうちに、ある程度の備えを確保できるように、今のうちから備えておくことをお勧めします。
死亡保障でいえば、将来的に家族ができる可能性がある場合、その時に見直しをして保証額をアップできるように、保険見直しが容易な生命保険に加入しておくことで、十分な備えとなるでしょう。

 

保険に入ると言っても、やはり「保障内容はその人の考え方で決めよう」というのが、ぜひ実践していただきたいことです。
確保したい保障内容は、その人の考え方次第で、いくつかに分かれます。シンプルな医療保険でいい場合もあれば、ガンの備えも厚くしたいと考える人もいるでしょう。
特に30代はガンの発症リスクが高まる年代でもありますから、ガンの保障がセットされた医療保険に入るのも、ぜひお勧めしたいところです。

黄昏要人
岡山県在住の39歳。日本実務開発協会認定コーチと東洋文化学院認定心理カウンセラーの資格を活かし、主にボランティアでのカウンセリング活動に関わっています。メンタルヘルスに関すること、コミュニケーションに関すること、IT関連について、みなさんに「そうなのか!」と思っていただける記事を提供してまいりたく思います。
この記事をシェアしよう!
 

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

ドコマドニュースの最新記事をお届け!